まるごと全部ホラーゲーム実況プレイ動画

話題のホラーゲーム実況プレイ動画をゲーム別にまとめました。

カテゴリー:忌火起草

『忌火起草』(イマビキソウ)は、開発チュンソフト、発売セガのセガ×チュンプロジェクトによるホラーサウンドノベルゲーム。

PS3で2007年10月25日に発売された。

心理描写や地の文はテキストで表示され、セリフは音声で出力されるほか、ムービー・実写映像・CGを交えた構成になっている。

各キャラクターは実写で表示されるが、音声は別に声優がアテレコしている。

2008年8月7日には新シナリオを追加した『忌火起草 解明編』(イマビキソウ カイメイヘン)がWiiで発売。

2012年(平成24年)2月にはiOS移植版がチュンソフトより発売された。

PS3版はハイビジョン対応、Wii版はWiiリモコンのスピーカーに対応。

PS3向けの『忌火起草』はドルビーデジタル5.1chに、Wii向けの『忌火起草 解明編』はドルビープロロジックIIによる擬似5.1chに対応しており、背後から声が聞こえる演出などがある。

また、コントローラの振動機能にも対応(PS3はオプション)。

タイトルがチュンソフトのサウンドノベル第1作『弟切草』(1992年)と似ているが、関連はなく独立した作品である。

響きが似ているのはたまたまだとゼネラルプロデューサーの中村光一が、『週刊ファミ通』のインタビューに答えている。

一方でシステムについては、『弟切草』の分岐システムをさらに発展させたものだとPlayStation.comのインタビューで、プロデューサーのイシイジロウは語っている。