まるごと全部ホラーゲーム実況プレイ動画

話題のホラーゲーム実況プレイ動画をゲーム別にまとめました。

カテゴリー:稲川淳二 真夜中のタクシー

『稲川淳二 真夜中のタクシー』(いながわじゅんじ まよなかのタクシー)は、2000年7月13日にヴィジットからプレイステーション向けに発売されたサウンドノベルアドベンチャーゲーム。

この前年に同社から発売されたソフト『稲川淳二 恐怖の屋敷』に続く、稲川淳二主演ゲームソフトだが、システム的には1998年に同社から発売された『大幽霊屋敷 〜浜村淳の実話怪談〜』に近い。

サウンドノベル形式で物語が進み、タクシードライバーである主人公が乗客から怪談を聞かされたり、車内で見付けた怪談の書かれた文書を読んだりするという内容。

主人公の行動パートでは客を見かけた際に乗せるかどうかの選択肢が登場し、どちらを選んだかによって怪談内容が変化する。

時折主人公自身が怪奇現象に襲われることがあり、その時の選択次第ではゲームオーバーにもなる。

怪談は、聞かされるタイプのものはフルボイス、読むタイプのものはテキスト式になっており、どちらも途中に選択肢は登場しない。

一度聞いた怪談は「怪談集」というモードで再生可能。

語り手の稲川淳二は、ゲーム中に本人役で出演している。

怪談は全部で32種類あり、更に一定の怪談を揃えると登場する隠しシナリオも4種類ある。4本とも稲川によるフルボイスシナリオだが、グラフィックは稲川の立ち絵1枚のみである。

隠し以外のシナリオの内訳は、稲川の語りによるものが10本、その他の人物の語りによるものが合計14本、テキスト式のものが8本となっている。