まるごと全部マリオ動画まとめ

1983年7月15日FCのローンチタイトルドンキーコングで初登場したマリオが登場したゲームタイトルの動画を中心にまとめました。

カテゴリー:マリオパーティシリーズ

マリオパーティシリーズ(MARIO PARTY series)は、任天堂株式会社が発売したマリオシリーズのキャラクターが登場するパーティーゲームのシリーズ。

公式に使われるタイトル名の略称は「マリパ」。

すごろく風の「ボードゲーム」と「ミニゲーム」で最大4人(一部シリーズでは最大8人)で対戦し順位を競う、パーティゲームのシリーズ作品である。

ゲームの開発は『8』および『DS』まではハドソンおよびシーエイプロダクション、『9』以降はエヌディーキューブが担当(シーエイプロダクションも引き続き開発協力)している。

また、カプコンより本作をモチーフにしたアーケード用メダルゲームが発売されている。

ゲームは基本的にボードマップをすごろくの要領で移動して、プレイヤー全員が1回ずつ移動を終えたり特定のマスにとまると「ミニゲーム」をプレイする流れで進行し、規定のターン数が経過するなどの条件を満たすとゲーム終了となる。

1作目から『マリオパーティ8』および『マリオパーティDS』までと、『マリオパーティ9』以降ではボードゲームのルールが大幅に異なるが、ボードゲームとミニゲームで対戦するという基本的なゲーム内容は全編を通じて共通である。

シリーズで登場するプレイヤー及びサポートキャラクターはマリオシリーズのキャラクターが中心となっている。

『マリオパーティ10』まで発売されている現在、途中で引退した者も含めれば、今までに使えたプレイヤーキャラクターは21人いる(一部のモードでのみ使用可能なキャラは除く)。

なお、『マリオパーティ5』以降の据え置き型作品では必ず新規のプレイヤーキャラクターがおり、その中で現在もプレイヤーキャラクターとして使える者は12人となっている。

この人数は第1作目『マリオパーティ』で使用できるキャラクターの人数(6人)より多く、これらがチラシ等での宣伝に利用されたケースもある。

ちなみに、据え置き型ゲーム機用のマリオパーティシリーズは『マリオパーティ3』以降、その作品での新プレイヤーキャラクターは次回作では最初から使用でき、新たなプレイヤーキャラクターが登場している。

海外では米国で非常に人気があり、「ミニゲームのやりすぎで手を痛めた」という事例がある。

NINTENDO64版、ゲームキューブ版は毎年年末に新作が発売され、日本国内の売上では『8』『DS』の2作品がミリオンセラーとなっている。

 

1 2 3 4 5 6 11